読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集者はボードゲームの夢を見るか

ボードゲーム好きな新人編集者のブログ。ボードゲームの本を作りたい。

手軽に,それほど費用をかけず,そこそこ厚めのカードを作る方法

ゲーム雑記

 昨日「ハイテンション利休」のカードを作成しました。
 ちょっとした枚数(50枚)のカードを作ったので,その方法をまとめました。
 簡単に自作カードをつくるための助けになれば。

 今回作ったカードはこんな感じです。

f:id:kyun15:20150510134713j:plain
著作権の都合で画像の一部を隠しています。

 今回使用したのはセブン-イレブンのマルチコピー機裁断機
 そしてどこのご家庭にもある,余ったカードスリーブです。

 今回カードを作るために以下の3点を考えました。
・低コスト(1000円以内)
・そこそこの厚みがある
・すぐに作れる

 そこそこ簡単にできて,かつ厚みのある印刷方法ということで思いついたのがコンビニのL判写真プリント
 写真印刷なので普通のカラープリントにくらべて厚みがあります。表面も写真用の加工がされているため綺麗です。

 そしてL判のサイズは89mm×127mm
 これは89mm×63mm,世に言うポーカーサイズの2倍ですね。

 つまり,L判プリント1枚で2枚分のポーカーサイズのカードを作れます。
 ということで今回のカードの雛形がこれ。

f:id:kyun15:20150510192108j:plain

 印刷後に中央で切れば2枚のカードになります。
 印刷・裁断後のサイズが89×63mm丁度になるため,断ち切り用の余白は設けていません。

 そして(カードは違いますが)印刷したものがこちら。

f:id:kyun15:20150510134715j:plain

 マルチコピー機についている写真裁断用の刃の問題でしょうか,若干ナナメに切れてしまっています(写真下のハイテンションアイコンを見るとわかるでしょうか)。
 また,上記の雛形は縦横比が丁度89:63になるように作ったのですが,外側が切れてしまっています

 とはいえ自分で使用するためのカードです。それくらいはいいでしょう。

 そしてこれを中央で裁断します。

 f:id:kyun15:20150510134714j:plain

 裏面は当然写真用のものになっているため,カードスリーブに入れれば……

 f:id:kyun15:20150510192109j:plain

 f:id:kyun15:20150510192110j:plain

 f:id:kyun15:20150510134717j:plain

 カードの完成です!

 
 今回のハイテンション利休カード作成にかかった費用は
・写真プリント代:750円(25枚×30円)
・カードスリーブ代:200円くらい?(余剰分を使用)
・ハイテンション利休:500円

 合計1500円くらいでしょうか?
 ハイテンション利休安すぎ。

 今回はコンビニ印刷を使用しましたが,ほかの写真プリントサービスを使用すればもっと費用が抑えられるでしょうか。

 ということで,50枚程度のカード作成なら1000円かけずにそこそこのものが作れるという話でした。
 

 裁断機です。カードを作りましょう。